small smile factory 河野製紙株式会社

フリーダイヤル0120-669-211 (土日祝日を除く9:00〜17:00)

small smile factory 河野製紙株式会社

世界に先駆ける技術力

世界で初めて①保湿ティッシュを発明

河野製紙独自の開発

河野製紙は世界で初めて「保湿ティッシュ」の開発に成功し、平成5年(1993年)に発売を始めました。その後、「保湿ティッシュ」に関する特許も取得しました。保湿成分には、うるおい成分としてグリセリンとソルビット、なめらか成分として少量の油分と乳化剤が含まれています。含まれる成分は、食品や化粧品にも使われている安全性の高い成分です。

「高知県地場産業大賞」受賞

おかげさまで「保湿ティッシュ」は平成5年の発売以来、毎年増産を重ねています。これはひとえにこの紙の品質を認めてくださって、愛用してくださる方々のおかげです。そして、平成8年(1997年)には「第11回高知県地場産業大賞」に輝き、平成28年(2016年)に「高知県地場産業大賞 30周年記念賞」を受賞しました。これは、高知県内で作り出された優秀な地場産品や地場産業振興に貢献のあった活動を顕彰する事業で、昭和61年度から毎年実施されている賞です。

保湿ティッシュ
  • 高知県地場産業大賞賞状
  • 保湿の技術

世界で初めて②形状記憶エンボス(凸凹)を発明

地元高知県の協力を経て共同発明

ティッシュペーパーやトイレットペーパーには吸水性と柔らかさが求められます。 エンボス加工は吸水性を高める技術です。紙に型押しして凹凸をつけることでシートの間に空間が形成され、吸水性が高くなります。 硬い紙にはきれいなエンボスが入りますが、柔らかさも必要なティッシュペーパーやトイレットペーパーにはきれいなエンボスを入れる事は困難でした。 この問題を解決するために「形状記憶性細密エンボス形成技術」を開発しました。 エンボスをする前に紙を軽く湿らせて明瞭なエンボスを入れて、その後に乾かすことできれいな凸凹模様をつけることが出来ました。

2010年に特許を取得

紙が柔らかく、形状の記憶性の良い細密なエンボスなので、しなやかで、柔らかく、復元性のあるエンボスです。 また、「形状記憶エンボス」は2010年に特許を取得しました。

形状記憶エンボス
  • 形状記憶エンボストイレットペーパー
  • 形状記憶エンボスの技術

世界で初めて③保湿不織布を発明

プロジェクトチームの一員として

不織布とは繊維を織らないで、絡み合わせたシート状のもので、医療用や、家庭用、産業用に広く使用されています。 レーヨンやパルプを原料とした"スパンレース不織布(*1)"に保湿成分を加えることで、柔らかく、肌ざわりの良い「保湿不織布」になりました。これは、高知県のメーカーと紙産業技術センター、大学、そして当社が共同で開発し、「TOSATeX」として商標登録しました。 「ふんわり・しっとり・なめらか・つよい」など紙と違う特性や触感を持っています。また、接着剤や防腐剤(パラベン)を配合していません。
(*1)高圧水流で繊維を絡み合わせた不織布です。ソフトな風合を持っています。

2010年に特許登録

現在、共同開発を行いました三昭紙業株式会社より、化粧用リメイクシートとして「トリップコスメ・リメークシートS」を販売しています。 また、当社も新商品の開発を進めています。 この技術は2010年に特許登録されました。

高知の河川

世界で初めてを生み出し続けるために

とにかく日頃から社員同士のコミュニケーションを図っています。営業や開発など部署間を超えた連携をすることで、初めて「お客様に喜ばれるものをつくること」「品質を追求してこれまでにない製品を生むこと」ができると河野製紙は考えます。
もともと保湿ティッシュは、弊社の四代目社長河野矩久が鼻炎に悩んでいることから開発されました。お客様が望み、それでいてこれまでにないものを生み出していく楽しさ、河野製紙はまた新しいことをやっているなと感心される快感。その意識を全社員が共にできることが、私たちの励みになり、パイオニアであり続けられることに繋がっています。

ページトップに移動する

プライバシーポリシー

フリーダイヤル0120-669-211 (土日祝日を除く9:00〜17:00)